代表挨拶

ライセンスアカデミーは高校生が自分の未来に希望を見出し、確かな進路選択ができるようにという想いで、創業以来、各学校、生徒にあった進路サポートを展開しています。

現在では、キャリア教育について国を挙げて支援対策が行われておりますが、私どもは40年以上前からさまざまなイベントを通して、キャリア教育というものを提唱してまいりました。その中のひとつに、高等学校の中においての進路相談会・進路ガイダンスがあります。マラソンランナーの伴走者のように、いつでも隣に進路の相談者がいる、最後の進路決定までお手伝いをしたいという気持ちで、この事業への取組みを始めました。

いま、日本には高校生が約360万人。私たちは進路相談会を通じて、約3分の1の115万人とお会いしています。複雑な景況感の中で高校生は閉塞感を覚え、外に羽ばたいていく力を弱めていますが、継続的に高校生の進路の手助けをすることで、これからの未来を担う高校生から日本を変えていきたい、このような気持ちでおります。

また、今後は日本の高校生だけでなく、世界に目を向けて、たくさんの留学生を日本に呼び、良い印象を持ってもらう―そのような国際親善の事業にも力を入れていきたいと考え、台湾、韓国、マレーシア、モンゴル、ロシアなど海外30ヶ所以上での留学事業も始めています。

このように、世界の優秀な若者を日本で学ばせたい、そして優秀で意欲の高い日本の高校生を世界で学ばせたい、そのために必要な世界の進路情報センターになることをライセンスアカデミーはめざしています。

株式会社ライセンスアカデミー
代表取締役 白田 康則